Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/himawarifc2/app/control/moviewatch.class.php on line 896 日本政治の底力 2018/10/22 台湾脱線事故、自動制御装置が切られていた疑いが浮上 →NHK「それでも車体のせいではないか?」 - ひまわり動画

日本政治の底力 2018/10/22 台湾脱線事故、自動制御装置が切られていた疑いが浮上 →NHK「それでも車体のせいではないか?」

まだいうかぁ~・・・何で「日本製」であることとかに拘るんだよオカシイだろ
参考NHK:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181022/k10011681111000.html

一方、うちの親も報道には当初から違和感を感じていたので普段こういうことを言うかどうかと訊くと、日本製かどうかより運転士の過失だろってのは初期段階で見当をつけていたようだが。
刷り込み的な印象操作報道が過ぎませんかNHKさん


※テキスト読み上げ動画となります。
2017/10/19 安倍総理へのヤジ、一般人にフルボッコされ下火に 2019/11/27 文大統領「東南アジアが韓国と組めばメコン川の奇跡につながる」
シリーズタグ:日本政治の底力 登録者タグ: 報道バラエティ 日本政治の底力 時事
登録:18/10/24 00:47 再生:485
本日:0 今週:0 今月:0
コメント:5 Myリスト:0
時間:10:48 サイズ:×
ユーザー:非公開
元サイト1:www.youtube.com
配信サイト:
www.youtube.com
  • 不適切動画の報告

配信元
元サイト1 https://www.youtube.com/watch?v=N2pF1wIYv1c
動画ファイル配信サイト
動画ファイルURL 表示
ソーシャルリンク

テキストコメント

4. 名無しさん : 2018/10/24(水) 01:23:40 mdZNVe0Z/A
NHKは
なぜ日本製車両とわかると、日本製を強調して報道するのか?
因果関係はさておき、なぜ線路工事は南朝鮮だと報道しないのか?
100%南朝鮮のSK建設が原因で決壊したラオスダムの続報がないのはなぜ ...全て表示
5. 名無しさん : 2018/10/24(水) 01:45:56 skY49Gn4mY
そもそも事故原因が何も分からない時点で原因そっちのけで

「車体は日本製」

なんて見出しを貼った時点でお察し
6. 名無しさん : 2018/10/24(水) 02:19:32 QS39jMN5E2
日本製の車両ですら脱線するほどの異常事態ってだけでしょ言わせんな恥ずかしい///
7. 名無しさん : 2018/10/24(水) 04:36:03 y/u3w6/lRY
そら日本反日協会でNHKですから
8. 名無しさん : 2018/10/24(水) 05:05:27 3t1ZyyjDTg
日本車両が悪いを連呼してるのは中国系の人達だけど、日本のマスゴミは当初から中国系と同期した報道を繰り返してる。
マスゴミの黒幕が何か解りやすい事例だったね。
9. 名無しさん : 2018/10/24(水) 05:07:59 3t1ZyyjDTg
因みに事故当初は日本車両(株)の株価が一時下落したが、安全装置解除の人的要因が知られた瞬間に株価が上昇で元値に戻った。マスゴミと違い資本家はちゃんと真実を知ってる模様。
10. 名無しさん : 2018/10/24(水) 05:10:30 3t1ZyyjDTg
まぁ可能性は低いけど、マスゴミを使い株を安値にしてから、中国害資が株を買い戻したと考えたら大した反日戦略だとは思うが・・・事故直後に売却し最安値で買い戻した情報を知ってた人はボロ儲けしただろうね。
11. 名無しさん : 2018/10/24(水) 06:29:47 PMmSs3hC..
>>6
東武近鉄線ですらATPを取り外してたら事故ったんだから起こるべくして起こった人災
ちなみに原因はダイヤの遅れを取り戻そうとするスピードの出しすぎ
ダイヤを調べれば原因は判るのに、よ ...全て表示
12. 名無しさん : 2018/10/24(水) 09:03:55 .F.mkT242Q
「専門家の言葉」「○○教授の言葉」
騙される日本人は、だいぶ少なくなってるけど
13. 名無しさん : 2018/12/15(土) 14:41:52 nFGHLRc5bE
ホットな娘達が無料でエッチなことをしてくれるよ! - http://sex-meeting.com

動画へのコメント投稿はプレイヤー内のテキストボックスから行ってください。
テキストコメントのウォッチ機能を実装しました。

    • Copyright(c)1999 FC2, Inc. All Rights Reserved.