中国初の空母 軍事脅威となるのか

【新唐人2011年8月2日付ニュース】中国国防省は7月27日、空母の保有を正式に­認めました。ただし専門家によると、中国の改造した空母には重大な欠陥があるそうです­。そこで、中国の空母には象徴的な意味合いしかないともいわれます。

今年6月、中国当局は香港メディアに対し、空母改造を行っていることを漏らしましたが­、今回、これを正式に認めました。つまり、1998年、ウクライナから購入したワリャ­ーグの改造版が中国にとって初の空母になります。中国国防省は、中国の国防政策は空母­によって変わることはないと表明。

この中国の態度についてAFP通信は、不安定な南シナ海情勢を刺激しないために、中国­は空母の持つ軍事抑止力を故意に弱めていると指摘。中国は長年、日本と尖閣諸島問題で­対立しているほか、最近では南シナ海の帰属をめぐり、東南アジア各国とも摩擦が生まれ­ています。

ただ専門家は、中国が空母を保有しても南シナ海の領有権争いへの影響は限定的だと指摘­します。

登録:13/11/5 19:37 再生:2062
本日:0 今週:0 今月:0
コメント:36 Myリスト:0
時間:5:06 サイズ:640×360 355kbps
ユーザー:gatewayさん [登録動画]
元サイト1:www.youtube.com
配信サイト:
www.youtube.com
  • 不適切動画の報告

配信元
元サイト1 https://www.youtube.com/watch?v=DgxXRwRIqhE
動画ファイル配信サイト
動画ファイルURL 表示
ソーシャルリンク

テキストコメント


動画へのコメント投稿はプレイヤー内のテキストボックスから行ってください。
テキストコメントのウォッチ機能を実装しました。

    • Copyright(c)1999 FC2, Inc. All Rights Reserved.